頭がフラフラするのは貧血の仕業|正しく改善しよう

女性

原因を理解して改善しよう

婦人

特に女性は注意が必要

健康診断などで貧血だと診断された人は、過度なダイエットや偏食により、鉄分が不足している可能性があります。また、女性の場合は妊娠中や授乳中の場合は、お腹にいる胎児に鉄分が取られるために、鉄分が不足して鉄欠乏性貧血を引き起こすこともあります。つまり、10代から20代の女性は貧血になりやすいので、注意が必要です。また、それ以外にも月経が原因で貧血を引き起こすこともありますので、普段から意識をして鉄分を摂取するように心掛けましょう。鉄欠乏性貧血は、何らかの病気であるサインの可能性もありますので、必要に応じてきちんと検査を受けることが必要です。貧血を予防するためには、月経のある成人女性は1日に10.5mg以上必要です。特別に鉄分を意識しなくても、1日3食を規則正しく、そして栄養バランスを考えて食事を心掛けるだけで摂取する事が出来る量です。10代から20代の女性は特に、筋肉や血液を作るために、成人以上の鉄分が必要になる事もあります。ですので、出来る限り無理なダイエットは行わないで、バランスの良い食事を心掛けましょう。貧血を起こしやすい女性の場合は、規則正しい食生活を心掛けつつも、鉄分を意識した食事を摂取する事も大切です。鉄分を多く含む食品には、レバーやドライフルーツなどが挙げられます。たんぱく質やビタミンCと一緒に摂取する事で、鉄の吸収率を上げる事が出来ますので、意識をして摂取してくださいね。

女の人

様々な病気の予防に

EPAは青魚に含まれている不飽和脂肪酸で、摂取により生活習慣病や脳梗塞や心筋梗塞が予防されます。青魚を食べることで摂取できますが、サプリを利用した方が、適量を毎日コンスタントンに摂取できます。またサプリは、青魚の風味が苦手な人や魚介類アレルギーの人にも飲みやすいと言えます。

お腹

良い腸内の細菌を増やす

腸内フローラのフローラはお花畑を意味しているそうです。多種多様なお花があるように、腸内では多くの細菌があることが健康には重要だと言われています。病気のリスクを軽減し元気でいるためには、菌の数を増やすサプリメントなども効果的です。

サプリ

肝臓の健康に

肝臓の健康は私たちの体をトータルに健康にしていくことに直結します。その肝臓の健康にはオルニチンが重要な役割をし、特に30代以上の人にとってはオルニチンの摂取が非常に高い効果を発揮することがその口コミからも伺えます。