頭がフラフラするのは貧血の仕業|正しく改善しよう

男性女性

良い腸内の細菌を増やす

お腹

近年腸内で働く様々な細菌に関する研究が進んできています。腸の健康は体全体の健康に重要だということは昔から言われてきました。しかし、最近はその腸の環境が様々な病気を誘発する可能性もあると言われるようになっており、その重要度が増しているようです。最近特に注目されているもののひとつに腸内フローラと言われるものがあります。腸内にはその働きや役割が異なる腸内細菌が1000兆個も住み着いているそうです。このたくさんの細菌が個性豊かに咲いているような様子を腸のお花畑ととらえ、腸内フローラと呼びならわすようになりました。腸内細菌は免疫機能を高めたり肌の健康を作るビタミン類などを合成したりという役割を担っています。美容と健康、また精神の安定など元気な体には欠かせないものですが、最近は痩せやすい体質にすると言う役割も注目されています。健康に欠かすことができない腸内フローラですが、腸内の環境が悪いと腸内細菌が減少し、様々なリスクが高まってしまいます。そのため、腸内細菌を増やすことは体質を改善し、健康になることにつながります。食事においては食物繊維が豊富な野菜などを積極的に摂り、発酵食品も腸内フローラを整えるためには有効です。また、乳酸菌も腸の健康には重要だと考えられています。発酵食品やヨーグルトに多く含まれており、免疫力を高めたり、整腸作用があることが特徴です。最近は様々な乳酸菌のサプリメントなども販売されており、それらも腸内フローラを整え、元気な体でいるためには非常に効果的だと考えられています。